逆風の街 横浜みなとみらい署暴力犯係

読んだ本

今野敏さんの『逆風の街 横浜みなとみらい署暴力犯係』を読みました。
今野さんの小説は『殺人ライセンス』以来です。

殺人ライセンス
今野敏さんの『殺人ライセンス』を読みました。今野さんの小説は初めてです。 『殺人ライセンス』といえば、私が連想するのは『007』シリーズなんですが、この話はスパイモノとかではなくインターネット犯罪っぽい話でした。タイトルからはなかなかイメー...

大学を卒業して初めて一人暮らしをしたのが横浜だったので、みなとみらいにはよく行ったな-と思いながら読みました。大体桜木町駅で降りて動く歩道に乗って行くんですが、桜木町駅のみなとみらいと逆側って全然雰囲気が違ってびっくりしたのを覚えています。
表紙は横浜のインターコンチネンタルホテルのあたりです。夜はきれいな景色のはずなのに、『逆風の街 横浜みなとみらい署暴力犯係』とタイトルが入っているとちょっと不穏な感じに見えるから不思議。

主人公は、新設された『みなとみらい署』に刑事課暴力団対策係・係長として赴任した諸橋夏男。横浜の暴力団などからは『ハマの用心棒』と呼ばれて恐れられています。ただ、本人はそう呼ばれるのを嫌っている様子です。暴対係の係長になったのも、本来であれば階級が警部なので所轄の課長か本部の係長クラスにいるはずのところ、暴力団に対してはちょっとやりすぎるきらいがあるためこのような人事になったという経緯があります。
諸橋は小料理屋を営む父と、元ホステスでその小料理屋を手伝う母との間に生まれました。両親はやっとの思いでその店を経営していましたが、ヤクザに目をつけられてみかじめ料を要求され、それを父が突っぱねたことで母がヤクザに監禁されてレイプされた挙げ句に自殺してしまい、悲観した父が包丁を持ってヤクザの事務所に押し入り殺害されてしまったという過去があります。そのため、以前はヤクザ・暴力団をとても憎んでいて容赦しなかったのですが、最近はちょっと変わってきたようです。
相棒は城島勇一。諸橋とは同期です。本来は彼が係長になるはずだったのですが、諸橋が来てしまったために『係長補佐』に就いています。しかし本人はむしろこの方が合っていると思っているようです。
諸橋と城島が通報があった印刷工場に駆けつけたところ、暴力団に内部をめちゃめちゃにされていました。その印刷工場の主である寺川は、銀行に融資を断られて他のところから借りたところ、その金貸しが暴力団絡みだったために、ガラの悪い連中が取り立てに来るということが最近続いていたようです。ようやく弁護士に相談して債務整理などを行おうとした矢先、その相談した梶弁護士が交通事故にあってしまいました。幸い命はとりとめたものの余談は許さない様子。おそらく例の暴力団がやったのだろうという結論になり、寺川はなすがままにされていたのでした。
寺川のところに来ていた暴力団員は井田という男で、諸橋も城島も知らない顔でした。このいだという男は一体何もので、誰からの依頼でなんのためにこんなことをしているのか。それを突き止めるために諸橋と城島が動きます。

いやー、コテコテの警察モノ、しかも暴力団モノです。警察モノ大好き。
所轄の刑事が街の治安を守る系ということで、『新宿鮫』シリーズを思い浮かべます。

暗約領域 新宿鮫11
大沢在昌さんの『暗約領域 新宿鮫11』を読みました。Audible です。 今回から『新章』って感じです。桃井課長を亡くし、晶とも別れることになってしまって、心に大きな傷を負った鮫島さん。そこに、新しい課長である阿坂さんが着任しました。はじ...

あちらの鮫島さんはほとんど単独行動でしたが、諸橋さんは城島さんとペアなのでやり取りも多く、掛け合いがなかなかおもしろいです。二人は同い年で同じところに勤務していますが、仕事に対するスタンスとかが違うところもあり、でも似ているところもあり、でいいコンビですね。
あとは、チーム諸橋の面々もそれぞれ個性的でいい味出しています。働いていて楽しいかも知れません…仕事内容とハードさに馴染めれば、ですが。

しかし、『新宿鮫』のときも思いましたが、本当に警察は大変な職業ですね…。チーム諸橋の人たちもよく乱闘していますし、しょっちゅう怪我してます。私は小学生くらいの頃から刑事モノが好きだったので、「刑事になりたい」と思ったこともありましたが…まー、無理だろうなー。怖がりだしねー。血も嫌いだしねー…。

Kindle Unlimited でシリーズが大放出されているので、しばらく楽しめそうです。

[AD]逆風の街 横浜みなとみらい署暴力犯係
[AD]Kindle Unlimited
さちこ

40代2児の母。2011年からフリーランスやってます。東京の東の方在住。
第一子が発達グレー男児で、彼が将来彼の妹に迷惑かけずに生きていけるよう、日々奮闘中です。

さちこをフォローする
読んだ本
さちこをフォローする
hibikaizen

コメント

タイトルとURLをコピーしました