体育館の殺人

読んだ本

青村有吾さんの『体育館の殺人』を読みました。

久しぶりに、作者からの挑戦状があるような小説を読んだ気がします。
この手のものを前に見たのは
早坂吝さんの『○○○○○○○○殺人事件』以来なような気がします。
今回もその時も、私はちっともわかりませんでした(笑)。

探偵役である裏染天馬くんは、学校に住んでいるヲタク少年。
テストで900点満点を獲得してしまうような少年ですが。
彼は言葉の端々にヲタク用語が見られるんですが、
結構な割合で理解できました。
2012年にこの小説でデビュー、とのことで、
そのちょっと前あたりが、私が人生で一番アニメを見ていた時期だったので(笑)。

殺されたのは放送部の部長の男子。
『体育館の殺人』というくらいなので、
通っている高校で殺害されます。
殺されるのは彼だけでした。連続殺人事件ではなかったです。
金田一くんとかとは違って。

いろんな生徒たちの話を総合して容疑者に迫っていくのは
なかなかおもしろかったです。
最後の最後でちょっとした暴露があるのもゾクッとしました。

どうやら『裏染天馬シリーズ』として4巻まで出ているようですね。
高校生だね~、青春だね~。オバハンの戯言です。
機会があったらシリーズの他の作品も読みたいです。

Kindle Unlimited で読めます。

さちこ

40代2児の母。2011年からフリーランスやってます。東京の東の方在住。
第一子が発達グレー男児で、彼が将来彼の妹に迷惑かけずに生きていけるよう、日々奮闘中です。

さちこをフォローする
読んだ本
さちこをフォローする
hibikaizen

コメント

タイトルとURLをコピーしました