超筋トレが最強のソリューションである

読んだ本

Testosterone さんの『超筋トレが最強のソリューションである』を読み終えました。

なかなかに筋トレがしたくなる一冊でした。
Testosterone さんの本はこれで2冊目だったのですが、
前回の『大人も気づいていない48の大切なこと』に比べると
結構コメディ寄りというか、筋トレ大好きを全面に押し出している感じでした。
これぞ、私が想像していた Testosterone さん、って感じ。

大人も気づいていない48の大切なこと
Testosterone さんの『大人も気づいていない48の大切なこと』を読み終えました。 Testosterone さんの著書は初めて読みました。それまでのテストステロンさんのイメージは、 すごく筋トレが好きなマッチョな人で筋トレのことし...

私に一番刺さったのは

歯をきれいでけんこうに保つために習慣だけ歯を磨いてやめますか?

というフレーズでした。
これこそ最近私がずっと思っていたことだったので…。

私自身は中学高校とかなり部活を一生懸命やっていて、
それこそその6年間でもう一生分運動したんじゃないかと思うぐらいだったので、
社会人になっなってからはたまーにジムを契約して気まぐれに通うぐらいで
ほとんど運動をしていませんでした。

それが、こちらも有名な本である『脳を鍛えるには運動しかない』という本を読んで、

運動っていうのは一生やらなければやり続けなければいけないことなんだ

ということがわかって衝撃でした。
別に人のせいにするわけではないんですが、
運動は一生やり続けるものということを教えてくれた人が誰もいなかったので…。

基本的に、本の中では一貫して

ジムに行け!

と書かれています。
それがなー。ジム、行くのがめんどくさくないですか…?
家の中で、できれば自重とか懸垂バーとかでやりたいなぁ…。
どれくらいの強度でどれくらいの時間やるかとか、
そういうことがあまり書かれていなかったのがちょっと残念でした。

筋トレで自分の体を鍛え上げて自己肯定感をあげよう
みたいなのがこの本の骨子だと思うので、
具体的なトレーニングの量はちゃんとトレーナーと相談して
決めてくださいねってことなんですよね。

ちなみに私は、どちらかというと有酸素運動、
ステッパーを毎日1時間くらいやっている感じなんですが、
筋トレとしては朝になんちゃってスクワットを100回と
ステッパーやっている間に空いている手で
ハンドグリップをニギニギしているくらいです。
どれくらいやればいいんだろう…?

ちなみに、Kindle Unlimited で読めます。
タイトルに『超』がついているのがこの本で、
『超』がついていない第1作もあるんですが、
そっちは Kindle Unlimited の対象になっていなかったので…。
そっちにならもうちょっと具体的にトレーニング内容書いてあるのかな…?

Kindle Unlimited で読めます。

さちこ

40代2児の母。2011年からフリーランスやってます。東京の東の方在住。
第一子が発達グレー男児で、彼が将来彼の妹に迷惑かけずに生きていけるよう、日々奮闘中です。

さちこをフォローする
読んだ本
さちこをフォローする
hibikaizen

コメント

タイトルとURLをコピーしました