でんじろう先生のドキドキわくわくサイエンスショーに行ってきました

行ってよかった

ちょっと前、でんじろう先生のドキドキわくわくサイエンスショーに行ってきました。
自宅からそんなに遠くないところでの開催だったので、
小5の息子と年長の娘と3人で行ってきました。(夫はお留守番です)

とっても面白かったです!
当日は

  • ペーパーブーメラン
  • 空気砲
  • 長風船飛ばし
  • 影絵
  • 液体窒素ロケット

の実験を見せてもらいました。
このサイエンスショーのすごいと思ったところは、
最後の液体窒素ロケット【 以外 】は
全部自宅で作れる・やれることです。
もちろん、でんじろう先生印のキットも販売しているんですが、
自宅にある厚紙・ダンボールとかで再現できます。
それが(お財布にも)優しいですよね~。
特に、ペーパーブーメランはすごかったです。
登場してすぐの実験だったんですが、いきなり度肝を抜かれました。
子どもたちの心も鷲掴みにしていきましたねー。
会場いっぱいに円を描いて戻っていくブーメラン、
練習すればあんなふうにできるんでしょうか?
しかも、角度やアタッチメントを工夫すれば
いろいろカスタマイズできるということも教えてもらえました。
きちんと体系立てて検証すれば、立派な自由研究になりそう(笑)。

開演の15分前に着いて、すぐにグッズコーナーに行ってみました。
その時は「うーん」と思ったんですが、
終わってからはそのグッズたちが輝いて見えましたねー。
ついつい買わせられました…。仕方ないよ…。

でんじろう先生が、
「子どもたちに難しい仕組みを説明しても覚えていないと思います。
でも、経験したことは頭のどこかに残っていて、
この後学校や本で出てきたときに今日の経験と結びつきますから」
とおっしゃっていました。
確かにそうですよねー!
実際に自分で体験したことってどこかに残っていて、
大きくなってから原理を学んだときに
「アレってそういうことだったのかー」と結びつく感覚ってありますね。
子どもたちにとって、この日のこの経験も
いつかそういう糧になるといいなぁ、
なんて思ってしまいますねー。

とても貴重な経験でした。
でんじろう先生、出演者の皆さん、ありがとうございました!

米村でんじろう サイエンスプロダクション
科学の不思議を体験できるサイエンスショーや楽しい実験を紹介しています
さちこ

40代2児の母。2011年からフリーランスやってます。東京の東の方在住。
第一子が発達グレー男児で、彼が将来彼の妹に迷惑かけずに生きていけるよう、日々奮闘中です。

さちこをフォローする
行ってよかった
さちこをフォローする
hibikaizen

コメント

タイトルとURLをコピーしました