狼と香辛料 IX 対立の町<下>

読んだ本

支倉凍砂さんの『狼と香辛料 IX 対立の町<下>』を読みました。

狼と香辛料 VIII 対立の町<上>
支倉凍砂さんの『狼と香辛料 VIII 対立の町<上>』を読みました。 7が短編集だったんですけど、6から継続している『銀貨が2箱増える謎』がようやく解決? しました。…なるほど、並べる○○を変える、か…。(一応伏せ字にしてみました。不要かも...

『狼と香辛料 6』くらいからずっと根底にあった謎が
ようやく解き明かされたって感じの話でした。
北部と南部で対立している町で
幻と呼ばれる『イッカク』を巡ってさらなるいざこざが勃発。
はじめにであったときには自分を嵌めたエーブですが、
この巻ではものすごいピンチに陥っています。
もちろんすべてを見捨ててトンズラすることも可能ですが、
ロレンスはそうしませんでした。
最後には全部を巻き込んでなんとか丸く収まりました。
最後の最後はホロからキツイお叱りをいただいたようですが(笑)。
その直前に、エーブからちょっとした(?)ご褒美ももらったようなので
まぁ仕方ないんですかね~。

今回はホロがあまり全面に出ず、ロレンスが頑張っていた感じで
なんだか新鮮でした。
そして、エーブ。
彼女との悶着も一段落したというか。
なかなかな人物だったので、再登場に期待。

次巻も楽しみです。

さちこ

40代2児の母。2011年からフリーランスやってます。東京の東の方在住。
第一子が発達グレー男児で、彼が将来彼の妹に迷惑かけずに生きていけるよう、日々奮闘中です。

さちこをフォローする
読んだ本
さちこをフォローする
hibikaizen

コメント

タイトルとURLをコピーしました