狼と香辛料 XIII Side Colors III

読んだ本

支倉凍砂さんの『狼と香辛料 XIII Side Colors III』を読みました。

狼と香辛料 XII
支倉凍砂さんの『狼と香辛料 XII』を読みました。 今回もまた味のある新キャラが出てきました。フランという銀細工師の女性です。褐色の肌に漆黒の瞳を持つ彼女はロレンスとホロが欲しがっている北の地の地図を書ける人物。『狼と香辛料 X』で知り合っ...

『狼と香辛料 XI』ぶりの短編集です。

狼と香辛料 XI Side Colors II
支倉凍砂さんの『狼と香辛料 XI Side Colors II』を読みました。 今回の目玉は! エーブの過去を知る物語でした!『狼と香辛料 V』で初めて会った女商人エーブ。 彼女は根っからの商人というか、なんなら自らの命よりも金のほうが大事...

今回の目玉は! 羊飼いのノーラのその後です!
…と、エーブのときと同じテンションになってしまいました。
やっぱり、印象深いキャラクターの前日譚・後日譚は気になりますね。
読んでいてとても面白いし。

本の内容としては、
そのノーラの後日譚と合わせて全部で4編の話がありました。
そのうちの1つ、一番はじめの『狼と桃のはちみつ漬け』は
ロレンスとホロの因縁(?)の品である桃のはちみつ漬けの話です。
なんせ『狼と香辛料 II』に初めて登場して以来、
何かと話題に登ってきているにも関わらず
未だ買えてない一品ですからね。
この世界では簡単には手を出せない超高級品です。
で、今回はいろいろなタイミングが合って
買える…のか!? という感じ。
たくさんの人が幸せになる商いっていいなぁ、と
思ってしまう話でした。

…というか、ノーラの話以外は
はっきり言ってロレンスとホロがいちゃつく話ですね(笑)。
なんとも幸せな気持ちになります。

で、ノーラの話。
視点はノーラの黒い騎士エネクのものです。
いやはや、このエネク、本当は人ならざるものなのでは?
と思うほど、なかなかに思慮深いというか。
賢い牧羊犬はこんなにも賢いものなんですかね!
こんなに愛されているノーラは幸せです。
…でも、ノーラはどこまでいってもノーラだなぁ…。
周りに流される、というわけじゃないんですが、
周りからの期待があると自分に不利益でも応えてしまう、というか。
かわいそうなくらいいい子だわ…。
そもそも教会からの嫌がらせを受けていたような身なのに、
その教会にまた関わることになるとは。
というか、『関わる』どころじゃないですからねぇ。
本人もわかっているみたいなんですけど、止められないんでしょうね。
かわいそうだけど、でもだからこそ愛おしいですね…。
なんとか幸せになって欲しいです。

次巻も楽しみです。

さちこ

40代2児の母。2011年からフリーランスやってます。東京の東の方在住。
第一子が発達グレー男児で、彼が将来彼の妹に迷惑かけずに生きていけるよう、日々奮闘中です。

さちこをフォローする
読んだ本
さちこをフォローする
hibikaizen

コメント

タイトルとURLをコピーしました