硝子の塔の殺人

読んだ本

知念実希人さんの『硝子の塔の殺人』を読みました。

知念さんの本は初めて読みました。
この『硝子の塔の殺人』はハウダニット系の推理小説で、
今年読んだものだと『体育館の殺人』や『眼球堂の殺人』のような
どうやって殺したかを推理していく小説です。

体育館の殺人
青村有吾さんの『体育館の殺人』を読みました。 久しぶりに、作者からの挑戦状があるような小説を読んだ気がします。この手のものを前に見たのは早坂吝さんの『○○○○○○○○殺人事件』以来なような気がします。今回もその時も、私はちっともわかりません...
眼球堂の殺人
周木律さんの『眼球堂の殺人』を読み終えました。 "堂"シリーズとして全部で7作あるうちの第1作目です。 『眼球堂』という建物の中で殺人事件が起きるのですが、建物がメインのミステリーだけあってスケールがでかいです。 私は『金田一少年の事件簿』...

面白かったのは、いわゆる『読者への挑戦状』が
なんと2回も出てきたというところですね。

本を読み始めるとすぐに医師の一条遊馬が犯人だとわかります。
本人の独白でそう言っているので(笑)。
彼はすでに拘束されて幽閉されています。
事件がすでに終わったところがプロローグです。
その後、この硝子館に到着したときから話がスタートします。
連続殺人が起こり、この館のおぞましい裏の顔がさらされて、
名探偵によって犯人があばかれる。
時系列としては、プロローグがここです。
でも、ここで終わりじゃないんです。
ここからもう1回分ぐるんと回る感じですね!
はーーー、そうなるかーーー、と唸りました。
金田一少年の事件簿で言うと『露西亜人形殺人事件』に近い感じかな。
ちょっと違うかな?

名探偵の碧月夜(あおい・つきよ)が事件を解決するんですが、
彼女や他の登場人物がミステリーフリークなので
いたるところにミステリーのうんちくが散りばめられています。
私は読んでいて半分も分からなかったです。

作中にも1文だけ出てきたんですが、森博嗣さんの『すべてが F になる』の
真賀田四季のようにシリーズ物なのかな? とも思いましたが、
今のところはそうではないみたいですね。
なんかそうなりそうな終わり方だったので、ちょっと期待したいです。

さちこ

40代2児の母。2011年からフリーランスやってます。東京の東の方在住。
第一子が発達グレー男児で、彼が将来彼の妹に迷惑かけずに生きていけるよう、日々奮闘中です。

さちこをフォローする
読んだ本
さちこをフォローする
hibikaizen

コメント

タイトルとURLをコピーしました