欠落

読んだ本

今野敏さんの『欠落』を読みました。
先日の『同期』の続刊です。

同期
今野敏さんの『同期』を読みました。今野さんの小説は『スクエア 横浜みなとみらい署暴対係』以来です。 『殺人ライセンス』を読んだとき、今野さんの小説は初めてって書いたんですが、ずっと「何かおかしいな…」って思ってました。 で、ちゃんと調べたら...

今回、ニューフェイスである大石陽子が登場します。彼女も宇田川と蘇我の同期。前作の『同期』には出てきていなかったのでちょっとびっくりしたんですが、そりゃ同期なんて1人じゃないよな、と。しかも女性です、女性。やっぱり女性が入ってくると華やかな感じになりますねー。

今回の人事異動で、宇田川に取っては2つ朗報がありました。1つは、前回の蘇我の一件で一緒に捜査した土岐が警視庁に異動になったこと。もう1つは、宇田川・蘇我の同期で仲の良かった大石陽子も警視庁に異動になったことです。大石は SIT ・捜査一課特殊班に配属となり、誘拐や立てこもりなどの事件に備えて訓練・待機することになりました。大石は宇田川の同僚の植松・土岐にも「お嬢」と呼ばれ歓迎されされます。
そんなある日立てこもり事件が発生しました。犯人は人質とともにマンションの一室に立てこもっていましたが、金と逃亡用の車両を要求してきました。まず、捜査員を身代わりとして人質との交換が成功しましたが、その身代わりになった捜査員が大石でした。その後、細工をした逃亡用の車両を使わせようとしましたが、それを見透かしたように別の車両で逃亡されてしまいます。人質が無事に開放されたことで解決した雰囲気になりましたが、大石が開放されたという情報は入ってきません。
その一方で、女性の遺体が発見され、宇田川はそちらの事件にあたることになりました。遺体は大井市ではありませんでしたが、宇田川は大石のことが気になってなかなか集中できません。捜査本部行きを指示されなかった土岐が、その人脈を利用して大石のことを探ってくれることになりました。
宇田川たちが捜査している殺人事件では、被害者の女性の身元をなかなか判明させることができません。そのうち、同じような手口で別に2人の女声が殺害されていて、更にその2人の女性の身元もわかっていない事件との関連が疑われるようになりました。三鷹と沖縄で起きたその2つの事件と今回の事件は、連続殺人事件ではないかとの疑惑が浮かんできます。
そして、懲戒免職されたはずの蘇我が、大石や宇田川の動きを探るように連絡を取ってきています。なぜ蘇我がそのような動きをするのか、大石は一体どこに行ってしまったのか。大石の連れ去りと宇田川の追う連続殺人事件が思わぬつながりを見せます。

大石は警察という男性社会で行きている女性らしく、ハキハキサバサバした感じの女性でした。植松・土岐のオジサンコンビにもすぐに気に入られていましたねー。さすがです。
今回は他にも新キャラが何人か登場しているんですが、今回宇田川と組む佐倉という刑事もなかなかの曲者でした。ですが、やっぱり自らの信念をしっかりと持った人でした。一方で、植松と組んだ新谷という刑事は、なんだかものすごく幼い感じに書かれていましたね。ちょっとかわいそうなくらい(笑)。色んな人がいるもんです。そりゃそうだけど。

SIT は、私も『Special Investigation Team』の略だと思っていたんですが、『Sousa Ikka Tokusyuhan』だったんですね。へーーー! 知らなかった。NHK が『Nippon Hoso Kyokai』(Hikikomori?)、DHC が『Daigaku Honyaku Center』の略だと知ったとき以来の驚きです。あ、あとあれ、高速道路でたまに見る SRC が『Sagawa Ryutsu Center』ね。それも初めて聞いたときは驚きましたけど。

『同期』シリーズはもう1冊あるので、それも楽しみです。ただ、次回のそれが完結編らしいので、ちょっとさみしいですが…。

[AD]欠落
さちこ

40代2児の母。2011年からフリーランスやってます。東京の東の方在住。
第一子が発達グレー男児で、彼が将来彼の妹に迷惑かけずに生きていけるよう、日々奮闘中です。

さちこをフォローする
読んだ本
さちこをフォローする
hibikaizen

コメント

タイトルとURLをコピーしました